ご意見ご感想は 「こちら」からどうぞ。
 移転します
2010.6.11
 このたび移転することになりました・・・
 といっても社屋ではなくこの日記のことです。

 ブログ全盛の世の中、敢えて長らくHP上で日記を書いてきましたが
 ここのところ本当に私的なネタばかりになってきましたし
 このたび思うところあって、そして突然外部ブログに移転することにいたしました。

 これで思い存分!?山ネタを書けますし、
 広く多くの方にご覧頂くこともできるでしょう。
 そしてツイッターなんて最新兵器?にも対応し、もっと機動性も上げていけるでしょう。
 
 そしてなにより「コメント」が可能になりますので、
 皆さんとの双方向のコミュニケーションができることが何よりの楽しみです。

 移転先はまだまだ手探りで不十分な状態ですが、
 ボチボチ更新しながら勉強していきますので
 どうぞ皆さんも一度覗いてみてください。

 なお、こちらの日記はこれからも公的なお知らせなどでは使いますので
 こちらも時々チェックをお願いいたします。

 では今後ともよろしくお願い申し上げます。

 移転先はこちら 
http://ochi-k.cocolog-nifty.com/blog/

 



 
 夜もハイク!
2010.6.7
 いよいよ梅雨入り間近、、、急に暑くなってきましたね。
 こんな時は涼しい山へ!といきたいところですが、
 北アルプスならまだしも、さすがに六甲は山の中も暑い!!
 だったら日が沈んでから登ればいいんじゃない??
 ってことで「ナイトハイク」してきました。。。

 ナイトハイク・・・つまり夜に山道を歩きます。
 もちろんさすがに一人では怖いので今回はそんなツアーイベントに参加しました。
 本来なら下山する時間に団体が山に向かっていくわけですから
 すれ違うハイカーも不思議そう。

 

 暗くなってからは皆さんそれぞれがヘッドランプを装着しての行進。
 途中で車道と交差するするところで偶然に通りかかったドライバーさんは
 その異様な姿の団体にかなり驚いてました!
 真っ暗な山道をライトだけを頼りに歩くのは初めての経験でしたが、
 視覚が遮られる分、他の感覚が敏感になるのか?
 普段感じないような草木の匂いや音、動物の気配を感じることができます。
 
 そして最後はご褒美の夜景!
 
 

 これも神戸は山と街が近いからできること。。。
 改めて六甲山に感謝!

 
 お知らせ
2010.6.3
 先日、内装工事をさせていただいた整骨院さんが6月7日に開院されます。
 最近はあそこも、ここも、、、というぐらい街には整骨院が多いですが、
 こちらの院長は長年、理学療法士として大病院でリハビリを担当され経験豊富な先生ですので
 肩こり・腰痛などの症状のほかにもいろいろと相談にのっていただけるようです。
 体の痛みでお悩みの方、是非ご相談してみてください。

 芦屋北整骨院  tel 0797-31-1616 ※要予約
 (JR芦屋駅北側 ラポルテ北館2F)
 
 

 


 
 望郷
2010.5.31
 最近、なぜだか仕事でもプライベートでも同郷の人と出会うことが多い。
 私の同郷といえばご存知のように淡路島の人々。
 神戸にいると本人だけでなく親が淡路出身だとか、
 親戚が淡路にいるとか・・・石を投げれば淡路関係者にあたるほどです。
 でもここのところ出会ったのはもっとネイティブ?な人々。
 そして中には偶然ですが遠い親戚だったりする人もいてこれまたビックリ!

 そしてそんな濃い淡路島民が集まると必ず話題になるのが方言。
 皆さん、島を離れて何年もたっていて自分ではすっかり方言が抜けたつもりでも
 ちょっとしたイントネーションや言い回しの違いが抜け切れず、
 時には言葉を聴いて「あんた淡路やろ?」なんてこともしばしば。

 そういう私も淡路を出てかれこれ26年。
 こちらの生活のほうが長くなりましたが、今でも時々嫁子どもに突っ込まれる時があります。
 そして不思議なことに淡路の人と対峙した瞬間に100%の淡路弁に戻ります。

 ちなみに皆さんも淡路弁と聞いてもピンと来ないと思いますが、
 それは淡路の人も島外の人と話すときはそれなりに気をつけているからで
 基本のイントネーションや言葉遣いはいわゆる大阪弁なのですが、
 語尾が違ったり単語が違うものがかなりあります。
 そのうえあの小さな島の中にも更にいろんな言葉があり、
 播州弁に近かったり和歌山弁や徳島弁に近い地域もあり、
 たまに淡路人同士でも言葉が通じないことがあるほど実はきつい方言なのです。
 だから帰省した際などに私と両親がネイティブな淡路弁で会話を始めると
 娘たちは???の状態になります。

 ただ先にも書きましたようにこちらの生活のほうが長くなっても
 その言葉が染み付いているということは、
 人間にとって生まれ育った環境というのが重要なんですかね?
 そしてふとその言葉を耳にすると不思議なほどに癒されます。
 淡路で18年、大阪で12年、そして芦屋で15年、、、
 この先は間違いなく芦屋の年数だけが増えて行きますが
 それでも結局は淡路人なのかもしれませんね。田舎者バンザイ!

 そんなことを考えつつ今週も山の上から故郷を望む・・・!?

 

 うどん
2010.5.24
 昨日、今日と梅雨前なのに凄い雨でしたね。
 おかげで昨日は恒例の社内BBQ大会の予定が中止になりました。
 そうなるとこの日記のネタがない・・・というわけではありませんが、
 雨なら雨らしく家で楽しもう!と朝から娘達とうどん作りをいたしました。

 最近は四国が手打ちうどんブームで沸いているそうですが、
 うどん作りはそう難しくありません。(もちろんレベルは違いますが・・・)

 まずは小麦粉(中力粉)と塩水を混ぜます。
 4人分くらいなら小麦粉400g、塩水200gを用意します。
 塩水は10%ぐらいの濃度。つまり水180g、塩20gです。
 小麦粉に塩水を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。

 

 最初はかなりパサパサですがそのうちにまとまってきます。
 しっかり混ざったら丸くしてビニール袋に入れしばらく寝かします。(1時間ほど)

 

 今回はこの待ち時間に余った小麦粉を使ってドーナツも作りました。

 

 こちらは卵と砂糖、小麦粉を混ぜあわせて生地を作ります。

 

 出来上がった生地を生クリームのように搾り出します。
 なんだか丸とか四角とか・・・大丈夫かな・・・?

 

 そうこうしていると1時間ほどたったのでドーナツは揚げておいてもらって
 うどん作りに復帰します。
 次はうどんを踏んで鍛える作業。
 丸く踏んで広げてはまた丸めて踏む、、、の繰り返し。これでコシがでます。

 

 娘たちの体重で物足りなさそうなので私もフミフミして最後はまた丸めてしばらく寝かします。
 ちょうどそこへ揚がったドーナツが登場。
 どう?見本と比べ形は悪いけど美味しそうでしょう!

 

 おやつを食べながらしばらく待った後、うどんももう一息です。
 今度は丸いうどんを伸ばしていきます。

 

 ちなみにこの麺打ち台はご近所さんにいただいた人工大理石製ですが、
 麺棒は100円ショップで売っています。
 弾力があってなかなか伸びませんができるだけ薄く伸ばします。
 そしてそれをたたんで切ります。

 

 このときのコツはイメージよりも細くきること。
 子どもが切るときしめんか?という太さになりますがそれもご愛嬌!?
 切り終わりはこんな感じ。それっぽくできました。
 
 

 さて、後はこれを湯がいて食べましょう!

 

 やっぱりちょっと太めになりましたが美味しそうに出来上がりました!
 コシもバッチリで太い麺なんかはアゴが疲れるほど。。。(強すぎた・・・?)
 でもやっぱり自分で作ったものは美味しいですよね。
 このようにかなり簡単に子どもと一緒に作れますので
 これからの梅雨時、家遊びの一環としていかがでしょうか?


 神戸は元気!
2010.5.17
 今週も当然のように「休日」.日記です。
 ただいつもと違うのは山ではなく街のお話。。。

 昨日の日曜日、ちょっと用事があって三宮へ。
 駅に降り立つと、、、もの凄い人、人、人。。。
 そうなんです、この日は神戸まつりが開催されていました。

 
 
 メイン会場のフラワーロードは身動きできないほどの人出でした。
 そういえば実は私、田舎を出てこちらにきてはや26年、芦屋に住んで15年、、、
 恥ずかしながらちゃんと間近で神戸まつりを見るのははじめてかも・・・

 神戸まつりといえばやっぱりサンバ!

 

 他にもいろんなパレードがあったようですが、例えばこんな人たちも。。。
 南京玉簾軍団??

 

 またあちらこちらに大道芸人・・・いえ今風に言えばパフォーマーがいました。

 

 このお祭りはフラワーロードだけを会場にやっているのかとこれまで勝手に思っていましたが、
 実際は元町にいたる縦横の通りを.全て使ったような大掛かりなお祭りで、
 ルミナリエよりも大掛かりかもしれませんね。
 そしてそれもそのはず、新聞発表では123万人が集まったとか・・・スゴッ!
 
 不景気でなかなか明るい話題がない中、好天の下このように明るいお祭りが開催され、
 多くの人々が笑顔になれるのは本当に良いことですね。
 
 
 
 アシレンジャー!?
2010.5.11
 いまさらながら、、、「社長の休日日記・・・」となってしまったこのページ。。。
 本人はいろんな情報発信をしているつもりなので・・・どうかお許しを!

 さて、この良い季節にじっとしているはずもない我家の方々。
 今週も新緑に導かれるように山方面へ。。。
 ただ、いつもの山登りとちょっと趣向が違ってまして

 

 芦屋のNPOが企画する「アシレンジャー」という活動にはじめて参加させていただきました。
 こちらでは芦屋の豊富な自然を利用した体験型のプログラムを企画されており
 今回は芦屋川上流での水生昆虫.の観察会でした。

 場所は芦有ゲートのすぐ下の河原でしたが、
 思いのほかたくさんの親子が参加されておりちょっとビックリ。。。
 まずは県立人と自然の博物館から来られた先生から捕り方の説明を受け、
 いざみんなで川の中へジャブジャブと、、、しかし水がかなり冷たくてこれまたビックリ!!
 (↓肩がつりあがった我家の二女の後姿でその冷たさを想像してください。。。)
 
 

 基本的な捕り方は、網を下流側にそえながら岩をゴソゴソと動かすと、
 ほーらごらん、いろんなものが網に入ってきます。

 
 
 最初はみんな「魚」を捕ろうと頑張ります。
 私もこの日一番の大物の「ドンコ」をしとめて鼻高々!!
 
 

 しかし、、、今回のテーマは「水生昆虫」・・・
 そうなんです、私もよく知りませんでしたが川の中にはたくさんの生物がいます。
 特にこのあたりはその宝庫なんだとか。

 

 途中で先生からそのような「水生昆虫」の捕り方を伝授されやってみると
 本当に簡単にいろんな生物がいることがわかります。

 

 カゲロウやトンボ、カワゲラの幼虫など数えると35種類も集まったそうな。。。
 本来、このほどの種類がいるのは兵庫県の北部や奈良、和歌山などの山深いところで
 芦屋川のようにこれほど街に近いところで捕れるのは本当に珍しいことのようです。
 つまり川が綺麗で水が冷たくまた周辺の環境も良好だからなのでしょう。

 

 芦屋に暮らしながらそんなことは知りませんでしたが、
 このように貴重な生物が生息でき、またもうすぐ蛍も乱舞するこの環境を
 これからも大切に守っていかなければいけませんね。
 改めて六甲山に感謝!!
 
 
 GWは山三昧
2010.5.7
 今年のGWは好天がつづき良かったですね。皆さんも楽しまれたことでしょう。
 私は先にも書きましたように休暇は頂いたものの稼動する現場もあり、
 また大渋滞するであろう高速移動を避けて、近場で、そして自分の足を使って楽しみました。
 終わってみれば4日の休みのうち3日も山の中へ。。。
 手を替え品を替え??楽しませてくれる山って本当に懐が深いですね。
 そんな六甲山に感謝!!

 細かい説明は不要だと思いますのでそんな中で切り取った風景をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 GWスタート
2010.5.1
 今日から多くの方々はGWの連休がスタートしましたね。
 私共は本日は営業日で明日から暦どおりにお休みをいただきます。
 ただ、今年は休日中も稼動する現場が複数ありますので、
 私も休暇はとりますが遠出は避けて近場で楽しむつもりです。
 近場?といえば私の場合言わずと知れたあたり・・・、またご報告します。

 弊社の前のケヤキ並木もまさに新緑が美しく光っています。

 

 

 
Top page
Company
Build
Works
Reform
Information
What' new?
Diary
これまでの日記
Diary-'10.04
Diary-'10.03
Diary-'10.02
Diary-'10.01
Diary-'09.12
Diary-'09.11
Diary-'09.10
Diary-'09.09
Diary-'09.08
Diary-'09.07
Diary-'09.06
Diary-'09.05
Diary-'09.04
Diary-'09.03
Diary-'09.02
Diary-'09.01
Diary-'08.12
Diary-'08.11
Diary-'08.10
Diary-'08.09
Diary-'08
Diary-'07
Diary-'06
Diary-'05.