ご意見ご感想は 「こちら」からどうぞ。
 春が来た?
2010.2.24
 二日前に春が来そう、、、と書いたら、本当に急に春らしくなった。。。
 ただ、薄着でも動くと汗ばむくらい、、、って、ちょっと行き過ぎじゃないですか??
 そのうえ、明日あたり春一番が吹くかも・・・とニュースで言ってました。
 この急な温度変化に体かついていけるか心配ですが、
 急に寒くなるのと違って温かくなる分には気分も軽くなりますね。

 そして仕事のほうも今週に入って突然新築の見積り依頼が二件も・・・。
 よしよし!!春風よ、もっと吹け〜!!

 下の写真は弊社の前の垂直花壇の花たち。
 こちらは年中何か咲いていますが、ここに来て春の光を受け元気で鮮やかになりました。

 

 


 
 春遠からじ
2010.2.22
 今年は暖冬の予想があったわりに北国は雪が多いですし、
 このあたりでも寒い日が続きましたが、今週からは春の兆しがあるそうな・・・。

 そして日本の経済も同じように春に向かって明るくなるのでしょうか?
 少し前に昨年の全国の住宅着工件数が80万戸を割ったというニュースがありました。
 一般の方にはピンと来ない数字かもしてませんが、我々にとっては大事件です。
 ほんの数年前、、、「もうすぐ100万戸を下回る大変な時代になる・・・」と業界では大騒ぎでした。
 それがあっさりと、それも100万戸どころか80万戸割れ。。。(ちなみに2008年は103万戸)
 幸い弊社ではそれを感じることが無いほどに忙しい一年でしたが、
 さすがに今年は周辺も含めて厳しい逆風を感じずにはいられません。

 この不況の発端となったかの国では既に景気の回復基調にあるような報道もありますが
 グローバル社会において落ちるのも世界同時だったように、
 上がる時は日本だけ置いてけぼり・・・なんてことがないことを祈ります。
 
 我々の業界だけでなく今はどこの経営者も苦心をされていることだと思います。

 『冬来たりなば 春遠からじ』

 きっと、もうすぐ春が来ますよ!
 経営者の皆さん、もう少し頑張りましょう!!

 

 今週は山のほうでもそろそろ春の兆しが見えていました。

 

 去年も同時期にこちらに行きましたが、今年のほうが咲きが遅くまだチラホラでした。
 でも梅の花ってなんだか温かくっていいですよね。

 

 

 というわけで、結局最後は3週連続の山ネタでした。。。


 
 雪山へ
2010.2.15
 そろそろ春の訪れが待ち遠しくなってきた今日この頃、、、
 先週の氷瀑に続き今週も雪山へ。。。
 行先はちょっと遠征して滋賀県伊吹山。

 

 今度は雪山登山!と言いたい所ですが初心者がいきなりそんな無茶をしてはいけません。
 登りはワイヤーの下にぶら下がった椅子で運ばれ、下りは長い板を履いて、、、
 つまり、、、そういうこと。

 我々の世代はまさにバブルの申し子。冬は何がなくともスキー!!でした。
 私も若かりし頃は冬になると無いお金と時間を苦心して
 どうやって山に行くかということばかり考えていました。
 思えば現在の山好きの原点もそんなところかもしれませんね。
 
 そのうち震災に巻き込まれその忙しさで何年も行けず、、、
 さらに子どもが出来て小さいうちはさすがに連れて行くのもはばかれ、、、
 長い間、冬の山から遠ざかっていましたが、数年前からまたボチボチと復活してます。
 そしてその間にはスキーブームは去りゲレンデもずいぶん様変わりしました。

 

 昔のように下手すると1時間以上もリフト待ち、、、なんてありませんし、
 行き帰りの道の渋滞も減りました。
 それでも休日は混雑してますがよく見るとやはり同世代が圧倒的に多いですね。
 でも変わらないのは雪山の風景。。。
 体力的に昔みたいにガンガン滑れませんが年に一度、この風景を眺められるだけで幸せです。

 

 来年こそは自力で上がってもっと上からの風景を見てみたいですね。

 ちなみに下は昔は無かった「子ども運搬用ベルトコンベアー」!?

 


 
 
 プリウス考 
2010.2.12
 少し前から世間では大騒ぎになっているプリウス問題。。。
 リコールが決定して少し沈静化したようですが、
 車好き、そしてものづくりに携わるものとしてひとこと言わずにはいられない。

 今回の一件、単にプリウスの欠陥というだけでは片付けられない
 いろんな側面が見え隠れしています。
 リーマンショック以降、壊滅的な打撃を受けたアメリカ自動車業界の復興・・・
 そのためには生贄が必要だったのかも・・・
 決してトヨタファンではない私でもそんな邪推や同情もしたくなりますが、
 それはさておき、ものづくりの観点から考えてみました。

 そもそもプリウスという車は皆様ご存知の通りハイブリッド車です。
 そして3代目に移行して世の中の状況と重なってバカ売れしました。。。
 しかし実際にプリウスに乗っている人の中でどれだけの人が
 そのシステムを理解して乗っているのだろうか?私は以前から疑問でした。
 
 少なくとも私の知る限り初代の頃から特にそのブレーキに癖があることは有名でした。
 当然モデルチェンジを繰り返しきっと乗りやすくもなったのでしょうが、
 まだ回生ブレーキ特有の癖が残り、また開発陣もそれを容認していたのでしょう。
 ましてやABSとの連動時、というかなりレアな状況での動作のこと、
 だからこそ過日の技術系幹部の会見で「フィーリングの問題・・・」と言ってしまい
 後日袋叩きにあったのだと思われます。

 ちなみに私が好きで乗っているシトロエンもハイブリッドではありませんが
 昔から特殊なシステムを搭載していて、それこそ癖だらけ、、、ブレーキなんか
 電磁スイッチを踏みつけるような感覚ですし、はっきり言って効きは悪い。
 でも少なくともシトロエン乗りはそれも理解したうえで
 そんな癖を持った車が好きで乗っている方ばかりなので大した問題にはなりません。
 きっと今回の問題の根幹はこのあたりにあるのでしょう。

 そうなんです、トヨタはシトロエンではないんです。
 私は大のアンチトヨタ派ですがその理由はあまりにもトヨタの車は出来が良すぎて
 乗っても面白くない・・・という理由です。
 つまり逆にトヨタファンの方々はやはりその信頼性に期待をしているのです。
 ハイブリッドであろうがなかろうが『トヨタなんだから・・・』って感じでしょうか?
 そのようなファンをつくってきたのは自分達なのですから
 開発陣もこの問題の処理を担当した幹部たちももう少し自分たちの立ち位置を
 よく見極める必要があったということです。
 そしてこれを機会にもう少し車づくりのあり方を考えてみてはいかがでしょうか?
 と、私は言いたい。。。
 もちろん、越智工務店も『信頼していたのに・・・』といわれないように頑張ります。

 さて下の写真は先日あった娘の学校の展覧会の様子。
 経済理論に左右されない自由な発想が出来る子ども達の作品こそ
 本当にものづくりの原点なんですね。
 どうかいつまでも純粋にものづくりを楽しんでほしいものです。

 

 

 



 氷瀑
2010.2.8
 立春を過ぎたにも関わらず寒波が押し寄せた先週。
 そんな寒い時しか見れないものを見に行ってきました。
 まずはご覧ください。

 

 これは「氷瀑」といいます。そう、つまり凍った滝です。まさに冬しか見れない自然の芸術。
 毎年新聞等でも報道されますが、こんなものが実はすぐ近くで見ることができるのです。

 今年は早々の元日に山に行って以来、なかなか山に向かうことが出来ませんでした。
 そんな時、ちょうどこの寒波、、、新聞やブログでも氷瀑のことを伝え聞き、、、
 見てみたい・・・と思っていたところタイミングよく仲間も行くことを知り思わず便乗させていただきました。
 更には普段山について行きたがらない娘たちも「見たい!!」ということでまとめて便乗!です。
 そういうわけで向かった先はホームグラウンド、六甲山の裏側でした。

 余裕があれば芦屋から歩いて六甲を超えてアプローチすることも出来ますが
 今回は子どももいますし皆の時間の関係もあり有馬から入山しました。
 有馬の街の北側にあるロープウェー乗り場の横から山に入っていくともうそこは銀世界。
 
 

 信州に来ているような錯覚を覚える風景に子ども達も大はしゃぎでした。

 

 緩やかで広い道をしばらく歩いた後、本格的な山道に入っていきます。
 この日を見込んで他にも多くの登山者がきていて細い山道は時には渋滞するほどでした。

 

 なんとか滑り落ちそうな細い道をやり過ごして谷筋に出るとその奥に滝が出現します。
 そのなんとも言えない迫力と美しさに、思わず「すごい!」と声を上げました。

 

 昔はもっと凍っていたそうですが最近は温暖化の影響が出てなかなか凍らないそうなので
 本当にこの日はベストタイミングだったようです。

 

 見ている間にも徐々に氷柱が落ちていましたし、今週は暖かいのであっという間に消えてしまうでしょう。
 なかなか子どもを連れて行くには困難な道もありましたが、ベテランの同行者のサポートおかげで
 本当に良いものが見れて子ども達もニコニコ笑顔でした。


 

  そしてこれから氷が解けていくように日本経済も雪解け間近、、、だといいですね。
 
 節分
2010.2.3
 いつもお世話になっている保育園さんに次の工事の打合せで訪問したところ、、、
 なにやら園内からただならぬ悲鳴が・・・

 『ギャ〜!』 『こわいよ〜!!』 『たすけて〜!!!』

 なに?事件か??

 そのとき突然、犯人が飛び出してきました!

 

 そういえば今日は節分でした。
 妙に?リアルな赤鬼さん。。。迫真の演技の先生は汗だくでした。ご苦労様です!
 そういえば我家の娘たちも以前は泣いて逃げ回っていました。
 それが今では仇のように豆を投げつけてきます。。。もちろん鬼役は私・・・。
 さて今夜も頑張るか。。。


Top page
Company
Build
Works
Reform
Information
What' new?
Diary
これまでの日記
Diary-'10.01
Diary-'09.12
Diary-'09.11
Diary-'09.10
Diary-'09.09
Diary-'09.08
Diary-'09.07
Diary-'09.06
Diary-'09.05
Diary-'09.04
Diary-'09.03
Diary-'09.02
Diary-'09.01
Diary-'08.12
Diary-'08.11
Diary-'08.10
Diary-'08.09
Diary-'08
Diary-'07
Diary-'06
Diary-'05.